日銀が為替市場に介入するかも?

FX

みなさん、最近の為替相場について気になっていますか?ドル円レートがかなり円安に傾いていて145円を突破しました。ちなみに、過去5年間の平均値を考えると、米ドルが1ドル115.7円程度なので、145円だとそれを2割以上も上回ってしまいます。そんな中で、日銀が為替市場に介入するかもしれないという話が出てきています。

10年ぶりの介入

実は、2022年の9月22日に、1米ドルが145円になったときに、日銀が為替市場に介入しました。それは約10年ぶりのことで、そのときの5年間の平均値から見て、25%も上回っていました。つまり、過去5年間の平均値を25%も上回ったところで、「米ドルが高すぎて円が安すぎる」と判断して、介入が行われたわけです。ただ、これは過去の経験から見ると、介入が始まるタイミングとしてはちょっと遅かったかもしれません。

介入の理由

財務省は1991年から為替市場への介入の実績を公表していて、2022年以前は、米ドルと円の相場が5年間の平均値から±20%以上変動する前に介入が始まっていました。介入を行う一番の理由は、為替相場が急に変動すると経済に悪影響を及ぼす可能性があるからです。この「急な為替の変動」が、結果的に過去5年間の平均値から±20%以上離れる動きになっていたかもしれません。

円安を止める動き

2022年、米ドルが急激に強くなり、円が急激に弱くなる中で、財務省、日銀、金融庁は「円が急に弱くなる動きを心配している」という共同声明を発表しました。そのとき、1米ドルが135円になった6月に、円安を止める動きが始まりました。そのときの5年間の平均値からの差は22%程度でした。

そして、9月に再び財務省、日銀、金融庁の三者会議が開かれ、22日に1米ドルが145円になったときに、約10年ぶりの為替介入が行われました。このとき、5年間の平均値からの差は25%程度に広がっていました。つまり、5年間の平均値からの差を見ると、20%以上大きくなったところで、円安を止める動きが強まったわけです。でも、それ以前に比べると、円安を止める動きが始まるタイミングは遅かったかもしれません。

これからどうなる?

今、米ドルと円の間で、米ドルが145円を超えるなど、ドルが強く円が弱くなっています。この状況下で、日銀が為替市場に介入する可能性が再び出てきています。でも、為替市場への介入は経済に大きな影響を及ぼすので、そのタイミングや規模には慎重な判断が必要です。過去の為替介入の実績や、今の経済状況を考えた上で、日銀の動きに注目が集まっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました